モテ泰造 疑問モテ泰造

先生、何ですか今回のタイトル。
『その諦めの境地が真の彼女を引き寄せる理由』って。

Beruta 通常Beruta

うーん。
気合い入れて考えた結果、なんだか胡散臭くなってしまったね(笑)。

モテ泰造 うーんモテ泰造

彼女作りを諦めたら彼女ができるって、変じゃないですか?
スピリチュアルな話なんですか?

Beruta ひらめきBeruta

変じゃないさ。
スピリチュアルでもない。
極めて筋の通った話だよ。

モテ泰造 笑顔モテ泰造

なるほど。
ま、今回の講義はあまり期待せずに聞くことにしますよ。
ふふふ…

Beruta 汗Beruta

(なんで今日は上から目線…?)

①彼女作りって…

彼女作りとは、実に不思議なものです。
情熱を込めてアプローチしている時に限って彼女ができない。
でも、「もう彼女なんていいや…疲れたわ。」と諦めた時に、ふと理想の彼女ができたりする。

実はこれ、偶然ではないんです。
そこには、ハッキリとした理屈があります。
今回はそこを解説していきましょう!

②彼女作りを諦めた心理状態とは?

●女性を必死に追うことをしない
●特別着飾ったりしない
●女性と対面しても緊張しない
●ある意味、ちょっと冷めている

冷めているとも言えますし、自然体とも言えます。
女性から話しかけてくれば普通に応じるでしょう。
でも自分から積極的に女性にアプローチすることはないと思います。

女性と対面しても、「何か気の利いた事を言わなきゃ…」とか「自分のことを気に入ってくれるだろうか…」と心配することはないので、緊張はしません。

彼女ができようができまいが、どっちでもいいんですから当然ですよね。

③恋愛において、男性本能と女性本能は全然違う!

ここで少し、男性心理と女性心理の違いについて説明しておきます。
補足説明なので、飛ばしても構いません。
きちんと読めば、「なぜ諦めの境地こそ彼女作りに繋がる心理状態なのか?」という本質が見えてくると思います。

◆男性心理

男性は、「子孫をばらまきたい生き物」です。
一生のうちに作れる子どもの数も、物理的に考えれば、半無限に増やすことが可能でしょう。
(一夫一妻制を考えなければ。)

そういった事情があって、男性脳はパッと見で女性を判断するようにできています。
とにかくスピード重視。
相手の女性の外見(体つきや顔など)を見て、「子孫を残すパートナーに適しているかどうか」をササッと判断する能力が備わったのです。

男性の脳の構造を見ても、性に関する思考領域が女性の約2.5倍あるそうです。
それだけ普段から性的な思考が盛んなのです。
無意識に女性を性的な対象として見て、魅力的かそうでないか判断を下しています。

◆女性心理

じゃあ一方で女性はどうでしょうか?
簡単に言ってしまえば、“何もかも男性と正反対”なわけです。

子どもを産むにしても、一人身ごもれば約10ヶ月は不自由な生活を強いられますよね。
産む瞬間にも相当な苦痛が伴いますし、最悪死に至る可能性だってゼロではないわけです。

そんな事情の中で、男性みたいに「サクッとパートナーを決めてたくさん子孫を…」とはならないわけです。
要は“質”重視。
一生に産める子どもの数だって、限界がありますしね。

ですから、女性が男性を『異性』として認識し、恋愛感情を抱くまでにはかなりの時間がかかるわけです。
パートナー選びにとても慎重。
もちろん一目惚れをする場合もあるでしょうが、むしろ一目惚れをする割合が多いのは圧倒的に男性です。
女性はそこまでではありません。

脳の構造的にも、女性は男性ほどしょっちゅう性的な妄想を浮かべることはありません。

その状況でもし、女性が男性から熱心にアプローチを受けたらどうなるでしょうか。

よほどイケメンで一目惚れしていれば別でしょうが、基本的には、反射的に「逃げる」という反応を取るわけです。

さっきも言った通り、女性はパートナー選びを慎重にしなければなりませんからね。
下手なパートナーを選んでしまい、体を傷つけられ、無理矢理出産させられてしまったら、最悪命にかかわるわけです。
現代ではそんな事はほとんどないでしょうが、人間の本能は原始時代からあまり変わっていないので。

女性が男性を「パートナーとしてアリかも」と認めていない状態。
その状態でアプローチされたら、女性は必死に逃げていくんです。

④「彼女作りを諦めた心理状態」こそ女性が求める男性像にマッチする理由

さてここまで説明したら、なんとなくわかる方もいるんじゃないでしょうか?

「彼女作りを諦めた心理状態」=恋愛にがっついていない状態。

これが、実は『女性が男性を見るスタンス』にとても近いわけです。

下心をもって迫ったり、必至に自分をアピールしたり、しつこくアプローチしてきたりしない。
だから、女性は落ち着いて・安心してその男性のことを見られるわけです。
実際女性目線で考えれば、余裕があって紳士的に見えるでしょう。
それはすごく魅力的で理想的な男性像に映るんです。

そして美人こそ、こういった男性に惹かれる傾向があります。

その理由はなんでしょうか。
一言で言えば、「他の男性と違う」と感じるからです。

美人でかわいい女性は、絶えず男性から性的な対象として見られています。
しつこく連絡先を聞かれたり、デートに誘われたり。
あるいは逆のパターンでは、美人を目の前にして緊張する奥手男子たち。

嬉しい反面、しつこくて正直疲れているわけです。
「男なんてみんな下心のあるやつばっかりだ」と思っているかもしれません。
要は、男性心理(=美人を見た瞬間性の対象として認識していること)を知っているのです。

そんな時、彼女作りを諦めて冷めた男性を目の前にすると、面白いことが起きるわけです。
熱心にアプローチもしてこないし、美人と対面して別に緊張するわけでもない。

『どういうことなの??』と女性は不思議に感じます。
『今まで会った男性と違う…!なんで??』と。

当の本人(=男性)はただ「もう彼女とかいいわ…面倒くさいし諦めたー」と思っているだけなんですけどね(笑)。
その“諦めの境地”がプラスに作用して、男性を紳士的・魅力的に見せるわけです。

男性の冷めた謎の態度を不思議に思った女性は、相手がなぜそんな態度を取るのか当然気になります。

『(この人、この余裕はなに!?)』
『(全然緊張していないみたい…)』
『(なんかクールな感じ)』
『(どんな人なの…?)』

その疑問はしだいに、興味へと変わっていきます。

もちろん会話をしてみて『やっぱりこの人ナシだ』と思われればその先に発展することはないでしょう。
ですが少しでも女性が『この人良い人そう』と思った場合、強烈に惹かれていくことも珍しくありません。

彼女作りを諦めた今だからこそ、その心理状態を維持したまま、虎視眈々と狙ってみてはどうでしょう。
今まで得られなかった反応を女性から得られるかもしれませんよ。

⑤まとめ

モテ泰造 驚きモテ泰造

な、なるほど…!
たしかにそうかもしれませんね。

Beruta ひらめきBeruta

そうさ!
「どうでもいい女性から好かれる。でも本命の女性から好かれない。」というよくある状況も、これで説明がつくね。

モテ泰造 話すモテ泰造

わかりました!
今度から余裕をもって紳士に会話してみます!

Beruta OKBeruta

その調子!
仲良くなってきたら、ユーモアも忘れないでね!