勇気を出して告白したのに、返事がない…!
そんな不安・悩みを抱えている男性が意外と多いようですね。

今回はそんな時の対処法として、
●どう連絡したらいいのか?
●返事待ちの期間はどれくらい?
●催促をしていいのか?

といったことを解説していきます!
いくつか選択肢を用意しておきますので、状況に応じて行動してみて下さい。

①なぜ告白の返事が来ない?

A)「告白」として認識されている?

時々あるんですが、そもそも「告白」と認識されていないパターン。

例えば、
●会話の弾みで『○○さんのそういうとこ、好きだな~』と言っただけ
●『いや~、○○さんと付き合えたらいいな…』と半分独り言のように言っただけ

など。
他にもこんな感じでサラッと言っただけなら、そもそも「告白」としては相手に認識されません。

告白は、きちんと
『今日は○○さんにどうしても伝えたいことがあって』
『これから大事なことを言わせてもらうんだけど』
という形で【これから告白をしますよ】という前置きを作り、相手の聞く体勢を整えてからでないと成立しません。

もしあなたがこのパターンで「返事が来ない…」と悩んでいるなら、もう一度しっかり告白をしてみるのがよいでしょう。

B)告白の返事は義務ではない

さっきの話に続いてですが、別に告白に対して返事をすることは義務ではありません。
だから告白をした直後に、「相手にどうしてほしいのか」しっかり伝える必要があります。
もちろん『告白と返事はセット』という暗黙の了解が世間にないわけではありませんが、それも絶対ではありません。
相手の女性からしたら、あなたから「好きです」と言われて、『うん、ありがとう。』と受け止めておしまいになっている可能性があるんです。

あるいは、(『うん、気持ちは伝えてもらったけど…で、それで?』)と話が宙ぶらりんのまま未解決になっている可能性も。
告白する人の中には、「返事はいりません。とにかく気持ちさえ伝えられれば、それで満足なんです!」という人もいますから、そう勘違いされているのかもしれません。

告白した時のことを一度振り返ってみて、きちんと相手に「○○さんの気持ちを教えてほしい」「付き合ってほしい」と、『相手にどうしてほしいのか』伝えていたか確認してみて下さい。

C)まだ返事を決めかねている

上記の2つ(A)(B)をクリアしているのに返事がない場合は、単純にまだ検討中ということが考えられます。
どのあたりを検討しているのかはわかりませんが、そういう時女性はよく友達に相談したりするので、友達の意見を聞いているのかもしれません。

あるいは、あなたの事を「良い」と思っていても、実は付き合っている彼氏がいるパターン。
とはいえ彼氏とはあまり仲がうまくいっておらず、どうしようか悩んでいる可能性も。

どれくらいの期間待たされているのかによりますが、まだ1日、2日くらいでは返事が決まらないこともあるので、もう少し待ちましょう。

D)断り方を考えている

残念なパターンですが、女性がすでに断ることは決めており、ただ「断る理由」を探している場合もいったん保留にされます。
要は言い訳を考えている状態ですね。
「ストレートに断って気を悪くしたらどうしよう…」と心配しているのでしょう。

告白をきっかけに仲が悪くなることを心配しているほどですから、決してあなたとの関係性は悪くなかったはずで、あと一歩だったかもしれない…!
悔しいですがあまり落ち込みすぎないように!

②一般的な返事待ちの期間

告白の返事を待つ期間は、一般的に約1週間です。
1週間もあれば色々と検討し、結論を出すことは可能なはずです。
逆に返事が来ないまま1週間以上過ぎている場合は、何かしら問題が起きているかもしれません。
必要に応じて、催促や確認の連絡をしてみて下さい。

③催促・連絡の仕方は?

A)様子見で別件の連絡をしてみる

いきなり「あの時の返事どうなった??」と聞くのではなく、ワンクッション置く方法があります。
それが、あえて別件で連絡してみるという方法!

学生なら大学の関係、社会人なら仕事の関係などで、事務的な連絡を試してみましょう。
いったん恋愛の話からは離れて、全然色気のない、全く別の話題。
なるべく「どうしても連絡しなきゃならなかった!」という空気感・内容が望ましいですね。

そして、相手の出方を見てみましょう。
もしかしたらそれに付随して返事が聞けるかもしれませんし、告白のことはもうちょっと待ってと言われるかもしれませんし、何も触れてこないかもしれません。
状況がわからない以上、とりあえず探りを入れたいところなので、この方法はオススメです。

B)共通の知り合いに確認してみる

もう一つ、直接相手に聞く前にやっておきたいこと。
それは、共通の友達などに聞いてみることです。
もし今回の告白について、誰か手伝ってくれたり仲介してくれた人がいるなら、まずその人に。
相手の女性が何を考えているのか、ヒントが見えるかもしれません。

C)催促してみる

●「返事はいつまでに」と期限を決めておらず1週間以上経った場合
●期限を決めていたのに、それを過ぎても返事がない場合

この場合なら、催促をしても何ら不自然ではありません。
むしろ一度催促をしたほうがよいでしょう。

ただし、最初にお伝えした「①なぜ告白の返事が来ない?」の(A)(B)に該当している場合は、催促をするのではなく再度告白・どうしてほしいのか、伝えるのが先ですね。

催促の方法としては、可能なら直接会って聞くのがベストです。
ちゃんと相手の表情なども汲み取って会話ができるので、お互いの気持ちを確かめやすいでしょう。

会うのが難しければ、電話。
「電話で話したいことがあるんだけど、いつなら時間取れる?」とメールやLINEで確認して、話し合えるといいですね。

それも厳しければ、メールやLINEなどの手段で連絡を入れましょう。
『この間、俺の気持ちを伝えた件なんだけど…』という内容で、返事を聞き出して下さい。

④成功する可能性は…?

私自身、今まで何度も告白し、何度もフラれてきました。
返事を待っている時の気持ち、フラれた時に感じる虚無感は痛いほどわかります。
だから言いにくいところですが、私の経験や周りの人の話を聞いても、正直なところYesよりNoの返事をもらうことが多いです。
五分五分ではなく、断られる可能性のほうが高いということです。

やはりデートがうまくいき、話が盛り上がり、LINEやメールも女性から積極的に送ってくれるような関係性があって、好意を獲得していれば、
告白したその場でYesという返事をもらうことができます。

逆に言えば、告白した時に返事をもらえなかったということは、少なくともそこまでの恋愛には発展していなかったということ。
とはいえ、じゃあもう絶対にダメなのかと言うと、そんなことはありません。
可能性が低いとはいえ、やれることはやり、紳士に振る舞って下さい。

ただし先ほど話した「返事の確認・催促」をしても、それでも返事がもらえなかった場合。
その場合は、女性からすれば『暗黙のノー』というサインです。
そこは潔く引き下がったほうが、今後もし再チャレンジする時も有利になります。
あくまで、紳士に。
そこは貫いていきましょう。

⑤まとめ

告白したのに返事がない時の考え方・対処法をお伝えしてきました!
女性が優柔不断だったり、告白の仕方だったり、返事待ちになっている原因はいくつかあるので、状況に応じて行動してみて下さい。
成功すればバンザイですし、失敗しても落ち込みすぎず!
いずれにしても経験を糧にして、進んで行きましょう!