モテ泰造 通常モテ泰造

いや~うまかったな~!
先生、やっぱり焼き肉と言えば、神戸牛ですよね!

Beruta 通常Beruta

ああ、そうかもしれないね。

モテ泰造 話すモテ泰造

コーヒーと言えば、ブルーマウンテンですよね!

Beruta 通常Beruta

う、うん…そうだね…。

モテ泰造 話すモテ泰造

彼女と言えば、やっぱり可愛い女性ですよね!
可愛い彼女が欲しいな~

Beruta 通常Beruta

お、おう…。

モテ泰造 うーんモテ泰造

…。

Beruta 悩むBeruta

わかったよ。
じゃあ今回は、可愛い彼女が欲しい社会人向けに、出会い方とアプローチ方法の講義をしよう。
2つに分けて解説するからね。

モテ泰造 笑顔モテ泰造

やった!
お願いします!

Beruta 汗Beruta

(なんか解説してもらって当たり前、になってないか…?)

続きの記事

①可愛い彼女はどこにいる?

社会人になると、どうしても人間関係の範囲が限定的になってしまいますよね。
もし同じ会社や組織の中に「自分の理想とする可愛い女性」がいない場合は、別の場所で探す必要が出てきます。

そこで、まずは『可愛い彼女を作る』のに適した、社会人向けの出会いの場を紹介していきます。
(すでに社内に狙いたい女性がいる場合は、アプローチに関する内容へ進んで下さい。)

1.カップリングパーティ

男女が1対1で席に座り、数分間話したのち、相手が順番に入れ替わっていきます。
最終的に自分の好みの女性を紙に書いて提出し、お相手の女性もあなたの名前を書いていたら、カップル成立という流れ。

全員と話すタイミングが回ってくるので、特別努力しなくても会話の機会を作れるのが魅力的!
男女とも出会いを求めて参加しているので、その後の関係も発展しやすくオススメです。

何も考えず普通に参加しているだけだと、可愛い女性は全体の5%ほどしかいません。
ですが、工夫して参加することで可愛い女性の割合をもっと上げることができます!

可愛い女性率を上げるコツ●金曜以外の平日の夜に参加する
●女性の参加費が安いところに参加する

●女性の目に付く広告の出し方をしているところに参加する

それぞれ軽く解説しておきます。

●金曜以外の平日の夜に参加する

可愛いくて性格のいい女性・可愛くてリアルが充実している女性は、基本的に(土)(日)にカップリングパーティには参加してきません。
なぜなら、(土)(日)は友達と遊ぶ約束など、別の予定を入れているからです。

また、平日の夜は営業職の女性も参加しやすいですね。
おそらく平日休みの会社がわりと多いからでしょう。
傾向として、営業職の女性には美人で可愛い人が多いです。
きっと採用される段階で、ある程度見た目も重視されるからだと思われます。

さらに、(金)以外の平日夜であれば、ライバルの男性も少なくなります。
これもメリットですね。

●女性の参加費が安いところに参加する

安いほうが女性が参加しやすいですからね。

逆に、高い参加費を払ってまでカップリングパーティに出なきゃいけない女性って、どうなんでしょう。
だいぶ必死だと思いませんか?
そこまでして参加したいということは、あまり相手にしてくれる男性がいない可能性が高いです。
「売れ残り」と言うと言葉が悪いかもしれませんが…まぁそういうことです(笑)。

可愛い女性が高い参加費を払って来ることは、滅多にありません。
ですので、女性の参加費が安いところを狙っていけば、必然的に可愛い女性の割合は上がります。

●女性の目に付く広告の出し方をしているところに参加する

これは“可愛い女性”を狙うというより、そもそも女性の参加数が多いところを狙う、という意味になりますが。
ちゃんと「女性の目に付く」広告の出し方をしているところに参加しましょう。
間違っても男性向けアダルトサイトに広告を出しているところには参加しないように!(笑)
女性が見るわけがありませんからね。

2.合コン

これも出会いの本命!
3対3~5対5くらいで開催するのがちょうどいいですね。

可愛い女性と出会うためのコツは、『性格はいいけど見た目は普通以下の女性』に声をかけて、メンバーを集めてもらうことです。
なぜなら、高い確率で「可愛い女性の友達がいる」からです。

直接的に可愛い美人な女性を合コンに誘うのは難しいかもしれませんが、この方法ならもっと実現可能なはずです。

そのためにも普段から、可愛くない女性であっても仲良くしておきましょう。
あるいは、カップリングパーティで知り合った『性格はいいけど見た目は普通以下の女性』をストックしておいて、合コンを開催するのもアリです。

参考記事

3.ジム・スポーツクラブ

可愛くて意識の高い女性を狙えます!
スタイルのよい女性も多いので、きっと理想の女性が見つかりやすいのではないでしょうか。

ただし、カップリングパーティや合コンと違い、出会いを前提とした場ではないので、アプローチの難易度が上がりますが…。

可愛い女性と出会うためのジム・スポーツクラブ選びのコツとしては、なるべく都心へ行くことです。
郊外や田舎のほうだと、残念ながらおばちゃん率が高くなりますので(笑)。
仕事帰りに寄れる立地なら、若いOLたちが参加しやすくなりますね。

ちなみに、アプローチのコツとしては、最初は簡単な挨拶からスタートして、会う回数を重ねてから会話を発展させることです。

目を合わせてみる⇒挨拶してみる⇒「また会いましたね(笑)」「よく来るんですね」「いや~努力家ですね!」など、ちょっとした会話をする⇒もう少し踏み込んだ会話をする

というように、日を変えて少しずつ進展させていきましょう。

『会う回数が増えると自然と親密度が上がる』ことを恋愛テクニックでは『単純接触効果』と呼びますが、それを使っていきます。

恋愛教材
ジムで女性にアプローチする方法が、詳しく載っている教材です。
他にも理想の女性と出会うノウハウが満載です。
今回の記事を読んでいる方にピッタリだと思います。

4.出会い系サイト(アプリ)

一昔前に比べて、だいぶ利用しやすくなりました。
上記3つの「リアルでの出会い」と併用して、こちらも使っていきたいですね!

一番有名どころだと、Pairs(ペアーズ)でしょうか。

初めて利用される方向けに、可愛い女性と出会うコツを教えます。

基本的にはプロフィール写真を見て相手を選ぶと思いますが、「写りが良すぎる写真」「男性の欲望を掻き立てるような写真」を載せている女性はNGです。
サクラだったり、性格がちょっと異常な女性である可能性が高いからです。
明らかに加工されている写真や、プリクラもアウトですね。

逆に、きれいに撮れていなくても、ナチュラルな感じに写っている女性。
あるいは、写真自体載せていない女性。
こういった女性のほうが間違いありません。

惑わされないように注意しましょう。

その他のオススメできない出会いの場

異業種交流会、業者合コン、街コン、習い事などがありますが、これらはオススメできません。
難易度が高すぎるか、可愛い女性と出会うこと自体が難しいので。

②可愛い女性と出会うために…重要な心構え!

今まで私自身、出会いに関する恋愛教材にいくつか目を通してきましたが、どのノウハウもそれなりの行動(努力)を伴います。

つまり、「待っているだけで勝手に可愛い彼女と出会える“魔法”は存在しない」ということです。

人によってはちょっと耳の痛い話になってしまうかもしれませんが…
「仕事が忙しいから」「休みの日は疲れてるから」と、言い訳を作って行動を起こさなかった場合、出会いが増えることはありません。
当然、可愛い彼女と巡り会うことも非常に難しいでしょう。

社会人になってからも可愛い女性との出会いを増やせている男性は、しっかりと行動を起こしています。
自分から動かなければ出会いが増えないことを、知っているからです。

あるいは田舎住まいだったとしても、それを言い訳にせず、ネット上の出会いをうまく活用したり、少しでも都市部へ行って活動しましょう。

今まで生活してきた範囲内で理想の女性がいなければ、ぜひ行動を変えていって下さい!

アプローチ方法について、続きはこちら↓