脈なしだけど、魅力的で諦めきれない女性…
今回は、そんな女性に対してアプローチ&振り向かせるためにはどうしたらいいのか、解説していきます!
脈なしを脈ありに変えられる力がつけば、一気に射程範囲が広がるので、ぜひ参考にして下さい。

①脈なしのパターンとは?

まず、一口に「脈なし」と言ってもいくつかパターンがあるので、確認しておきましょう!
自分がどの状況にあてはまるのか、考えてみて下さい。

脈なしのバターン3つ
嫌われている場合
すでに好意がバレている場合
フラットな関係性の場合

では、順番に解説していきます!

②嫌われている場合

何かが原因で、女性から嫌われている場合です。
これは「喧嘩をしてしまって」とかではなく、『清潔感がなさすぎて生理的にムリ』『なよなよしていて異性として見られない』『話がつまらなくて一緒にいたくない』などが原因の場合ですね。

女性から不自然に避けられたり、目を合わせてくれないなら、【嫌われている】状態の可能性が高いです。
心当たりがあればいいのですが、思い当たらないのに嫌われている時は、まず原因を探ってみて下さい。

[以下の記事が参考になります↓]

原因をある程度突き止めた上で、少し時間を空けましょう。
嫌われたままの状態だと、接近しても分が悪いので、アプローチしない時間をあえて設けます。
だいたい1ヶ月ほど空ければ大丈夫でしょう。
女性もずっと根に持って覚えているわけじゃないので(笑)。

その1ヶ月の間に、嫌われてしまっていた原因を改善させます。
めちゃくちゃ良くならなくても大丈夫なので、ごく一般的なレベルまでもっていきましょう。

(例)
嫌われていた原因:清潔感が足りなかった
→「脱毛して服も超オシャレ!」にまでならなくていいので、シワのないきちっとした服を着て、眉や鼻毛を整える、など。

そうしたら、徐々にアプローチを再開していきます。
こっから先の流れは、今回の記事で4つめの項目【④フラットな関係性の場合】と同じになるので、【こちらへどうぞ!

③すでに好意がバレている場合

すでに好意がバレていて脈なしになっているパターンもありますね。
すでにバレているというのは、告白をして振られていたり、あるいはその女性が好きだという事を友達に噂で流されてしまったりした場合です。

※「デートに誘って断られた」とか「ボディタッチしようとして拒否された」程度ではこのパターンに当てはまりません。あくまで『好きだ』ということを言葉として表明した場合の話です。

好意がバレている状態から女性にアプローチし、振り向かせる方法は【この記事↓】に書かれています!

女性特有の心理なども解説しているので、ぜひ参考にして下さい。

④フラットな関係性の場合

嫌われているわけでもなく、別に好意も伝わっていない。
要は、「ただの知り合い」という状態。
これがフラットな関係性ですね。
一般的に「脈なし」と言った場合、このパターンを想像する方が多いんじゃないでしょうか。
では、アプローチするためのノウハウを解説していきます!

接近するきっかけを掴む

まずは仲良くなるきっかけを作らないと、脈なしから脱出できません。
とはいっても、そのきっかけを掴むのが大変なんだと思います。
『それができれば苦労しないよ!』と言う人が多いんじゃないでしょうか(笑)

もちろん、ただ待っていても自然とチャンスはやってきません。
こちらから積極的に考え、動き、意図的にアプローチできるネタを作り出しましょう。

そのためには、最初に、ターゲット女性の趣味嗜好を知る必要があります。
このワークシート見本を使って、相手の情報を整理し、接近できるポイントを探りましょう。

まずは知っている範囲でいいので、この表を埋めてみて下さい。
(自分のことを書くのではなく、相手の女性のことを書いて下さいね。)
ある程度推測でもかまいません。

一通り【趣味】と【行動】の項目を埋めたら、それぞれチャンスの度合いを考えていきます。
自分の趣味嗜好とすでに共通しているものがあればチャンスの可能性は高いですね!
現時点で共通の興味でなくても、これからあなたが調べたり興味を持つことでアプローチできそうなものも、可能性はけっこう高いです。

行動についても、いずれは一緒に参加できそうであればチャンスは大きいです。
試しに具体例を出してみましょう!

この場合は、

趣味
・友達と先日スイーツのお店の話をしていた
・どうやらパスタが好きらしい?
・そういえばスピッツが昔から好きって言っていた
・スマホでゲームのアプリをやっているっぽい(ゲーム名は不明)
・いつも使ってる文房具がオシャレでこだわりありそう
・猫のペンケースを使ってる
・スマホケースをよく替えている(集めてそう)
行動
・会社で定期的の飲み会があるので参加している
・2次会でカラオケに行くことがある
・スピッツのライブに行っているらしい

相手の女性について以上のような情報を知っている場合ですね!

そうするとアプローチできるチャンスとしては、
●パスタが好きならおいしいお店をリサーチして話題にできるかも
●スピッツの楽曲をDLして自分も興味を持てば話ができる
●飲み会の時にスピッツやパスタ屋の話をしよう
●共通の話題で仲良くなれば、ライブデートに誘える可能性がある

といった感じになりますね!

あるいは、相手の女性はスマホケースにこだわっているようなので、自分のスマホケースも音楽系のデザインの物にするとか、スピッツのジャケ写で自作するとか(笑)
そうしたら、ちょっとしたきっかけで会話できるかも!

あとは、自分の頭の中にある情報だけじゃなくて、ターゲット女性のFacebookやInstagramの投稿をさかのぼってみるのもアリ。
趣味やお出かけの記録があるはずです。
やりすぎるとなんだかストーカーみたいになってしまう感じもしますが(笑)、現状何もきっかけが掴めず、アプローチできる算段が立たないなら、何かを変える必要があるんです。

今まで何となくチャンスが舞い降りるのを待ってただけなら、そうじゃなくて、もっと積極的に情報を集めましょう。
今の自分の知識や趣味の範囲で対応できないなら、新たな趣味・興味を増やしましょう!

脈なしから逆転させ、振り向かせるためには、そういった行動が不可欠です。
もし男友達や女友達で協力してくれそうな人がいたら、力を借りるのもOKです。

グループデートの提案

女性にアプローチできるきっかけを掴めたら、次は複数人で出かける予定を立てましょう!
いわゆるグループデートってやつです。
いきなり2人だけで出かけるのはハードルが高いので、まずグループをおすすめします。
例えば、「おいしいパスタ屋を見つけたから、今度何人かで行きません?」とか。

ここで誘う時の注意点としては、『誘う理由』を、あくまで『共通の話題・趣味を楽しむため』にすることです。
間違っても「あなたとお近づきになりたいから一緒に出かけましょう」というのはアウト!
女性は誰だって「軽い女」とは見られたくないものです。
きちんとした目的がないと誘っても難しいでしょう。

グループデートを何回かくり返し、仲良くなれたなら、もうあなたとその女性は“脈なし”ではありません!
むしろ脈ありに近いレベルにまで接近しています。
振り向かせられるよう、その調子で前進あるのみ!

⑤脈なしに逆戻り!?アプローチ時のNG集

せっかくアプローチをするきっかけが思いついても、NGな言動をしてしまい、恋愛対象外になってしまってはもったいない!
ここでは、いくつかNG集を紹介しておきます。
頭に入れておきましょう。

NG集
媚びるような態度はアウト
最初からガツガツは行かないように
身だしなみをチェック!

片思いの状態でやってしまいがちなのが、「媚びる言動」をしてしまうことです。
媚びるというのは、顔色を必要以上にうかがったり、女性のパシリのように何でも要求を受け入れたり、お願いをしてデートに来てもらうような行動を言います。
要は、男性の立場が下になってしまっている状況のことですね。

なんとかアプローチしたい気持ちはわかりますが、立場を下げてしまっては、女性から恋愛対象としては見られません。
ただの「都合のいい人」になってしまいます。
気をつけましょう!

また、相手から好意を得ていない段階でガツガツ行くのもダメ!
LINEやメールを恋人レベルで頻繁に送るのもやめましょう。

「マメな男はモテる」と言いますが、「マメさ」がプラスに働くのは、すでに相手から好意を獲得している場合のみです。
でないとただのしつこい奴になってしまいます。
脈なしの段階で変なレッテルを貼られるのは避けましょう。

そして身だしなみが大事!
くれぐれも清潔感のない格好でアプローチしないようにして下さい。
もとの体型や顔がイケメンである必要は全くないので、できる範囲で、ファッションやむだ毛処理など、不快感を与えないよう注意を払います。

 

以上、NGポイントをしっかり把握したら、あとは行動あるのみ!
会話やデートの誘い方など不安があれば、当ブログでも色々と解説した記事があるので、ぜひ見てみて下さい。
本格的に勉強したい方は、恋愛教材を活用することをオススメします。
それでは!

この記事を読んだあなたにオススメの恋愛教材

Amazon系

インフォトップ系