販売:株式会社ソルサリエンテ

 

商品概要
価格:¥9,800
種類:インフォトップDL教材
形式:PDF文書
内容:LINE
著者:岡田尚也
評価:

公式販売ページへ

著者について

恋愛コミュニケーションのアドバイスを10年近くやってきている。
恋愛スキルやナンパの方法を、“TAV-university”というサイトを通じて発信している。
特にナンパを得意としているらしい。

どんな人向けの教材?

女性と盛り上がるLINEの雰囲気・ノリを知りたい人。
今まで当たり障りのない会話しかできず、女性にモテない人。
恋愛初心者向け。

教材の中身について

PDF 953ページ

PDF1《概要》

①狙った女性を必ずモノにする【コンプリートマインド】
②これを押さえれば絶対にミスをしない【LINEの注意点】
③いつでも、どんな場面でも、正しい送信ができる【LINEコンプリート理論の徹底理解】

PDF2《LINE実例集》

実例①:女子大生
実例②:キャバ嬢
実例③:女子大生
実例④:彼氏持ちフリーター
実例⑤:OL
実例⑥:飲み仲間の女性
実例⑦:女友達
実例⑧:女子大生(久しぶり)
実例⑨:元セフレ(久しぶり)
実例⑩:女性から来たパターン
実例⑪:知り合い女性
実例⑫:仕事関係での女性
実例⑬:ナンパ女性
実例⑭:女友達
実例⑮:スクール仲間の女性
実例⑯:彼氏と別れたばかりの女性
実例⑰:知り合い女性
実例⑱:知り合い女性
実例⑲:好感度高い女性
実例⑳:感情的な女性

PDF3《問題集》

PDF4《解答集》

PDF5《解説集》

総合評価=(2.5/5)の理由

評価項目
①内容はわかりやすいか? ⇒
②内容はしっかり濃いか? ⇒
③誰でも実践しやすいか? ⇒
④最短で彼女を作れるか? ⇒
⑤納得できる価格設定か? ⇒
⑥良心的な教材であるか? ⇒

①内容はわかりやすいか? ⇒

LINE実例や解説など、コンパクトで簡潔にまとまっており読みやすいです。

ただ、逆に言葉足らずなせいで時々理解しにくいですね。

他の三流教材でありがちなのが「抽象的な話ばかりで具体性がなく、わからない」という状態ですが、この教材は真逆で、「具体例ばかりでまとまりがなく、わかりにくい」部分があります。

②内容はしっかり濃いか? ⇒

岡田氏が実際にやりとりをした生の実例にたくさん触れることで、学べることは多いです。

解説が雑な部分があるので、最高評価とはいきませんが。

③誰でも実践しやすいか? ⇒

実例がたくさんあるので、雰囲気やノリ、冗談の入れ方など真似することは可能だと思います。

それだけで、女性からの反応は明らかに良くなるでしょう。

しかし岡田氏の解説が、あくまで『個々の実例内での解説』にとどまるため、「他にもこんな場面で使える」や「これはこういうパターンに属する」など、応用が効くような一般化された解説になっていません。

このザックリした解説では、他の人が忠実に再現するのは難しいでしょう。

④最短で彼女を作れるか? ⇒

具体例はとにかく豊富なので、それを読んで自分で理論化・一般化し、使える人なら彼女作りに貢献するでしょう。

別の言葉で言えば、「1を聞いて10を理解できる人」ですね。

かなりの理解力が求められます。

ただ、そこまででなくても雰囲気やノリを真似するだけでも効果はあると思います。

⑤納得できる価格設定か? ⇒

教材の公式紹介ページで『PDF953ページ』と大きく書かれており、超ボリュームがあるのかと思うと、実際はそうではありません。

1ページに書かれた内容は、行間が広く余白も多いため、正直スカスカです。

また、5つのPDF文書のうち、③④⑤は全部同じ実例が載っているだけです。

(③が問題、④が回答、⑤が赤文字で所々に解説。)

『分量が多いから9,800円払う価値があるかな!』と思って購入したなら、期待外れになるでしょう。

⑥良心的な教材であるか? ⇒

この教材は表紙が“TAV-university”となっており、本来のタイトルである「完全LINEコンプリート教材『LINEマスター』」という言葉は出てきません。

内容を読んでいても、前後の繋がりなく説明がスタートする時があり、「ん?」となります。

ということはおそらく、今回のために書き下ろした教材ではないのだと思います。

著者は“TAV-university”という恋愛サイトを運営しているようですので、過去にそちらで作成した教材を一部抜粋し、今回「完全LINEコンプリート教材『LINEマスター』」という名前で売り出したのだと思われます(推測)。

そのためか各PDFの最後には“TAV-library”へのリンクが貼られ、「音声教材や補修教材があるから買ってね」という内容のメッセージが書かれていました。

悪い言い方をすれば、他に売りたい教材があって、その足掛かり・架け橋として今回の教材『LINEマスター』を販売しているとも受け取れます。

少々疑問ですので、評価を下げました。

Berutaの自腹購入コメント

作り方が雑ですが、学びたい事・用途をはっきりさせれば使える教材だと思います。

この教材で学べるのは、以下のポイントですね。

・冗談の浸透のさせ方
・ユーモアの雰囲気
・いじり、からかいのテンション
・会話のテンポスピード
・最初の一言の入れ方
・会話の切り上げ方

こんなところです。

要はスタート、終わり、そして全体的の雰囲気といったLINEの概要部分です。

実例は20個もあるので、他にも細かいテクニックや返し方の方法が解説されているのですが、上述したとおり“応用が効かない”です。

カテゴリ分けしたりパターン化した解説がなく、あくまでその女性とそのタイミングだったから、こういう返事をしました、という解説しかありませんので。

ステップアップして細かいテクニックを知りたい人は、『横山建の恋愛LINEマスター養成コンサル』を参考にして下さい。

初心者で、まずは概要のみ知りたいという方は本教材(完全LINEコンプリート教材「LINEマスター」)でもよいです。
※教材名が似ているので注意。

特に冗談の入れ方や女性をいじり、からかう雰囲気は秀逸で、いい意味で岡田がやり慣れているなという印象でした。

恋愛初心者の男性だと、どうしても媚びへつらってしまったり、腰を低くしてしまったり、優しすぎてしまうので、ユーモアを入れるために参考になります。

女性をいじるのも主導権を取って惚れさせるためには必須ですので、ぜひ入れていって下さい。

ただ、実例の20個は基本的に年下の女性(中には岡田氏より15歳以上年下の女子大生も)をターゲットにしているので、年上女性にアプローチする方法としては使えません。

なお、第3章~5章のPDFは問題集になっているわけですが、あまり問題になっている意味がありませんでした。

岡田氏がやりとりした女性とのLINEで、岡田氏の発言がところどころ空欄になっているだけです。

前後の話の流れから推測して埋める、ただの国語の問題です。

LINEスキルには関係ないですね。

ということで、LINEの基礎の基礎を学びたい方にはよいですが、それだけで9,800円というのは少々高い気もします。

あとは公式販売ページを見て、判断してみて下さい。

 

公式販売ページへ