※中学生の時の通知表。実物です。

 

「154cmって、それお前、女子の身長じゃんか!!(笑)」

クラスメートから放たれた言葉。

今でも鮮明に覚えています。

男としてのプライドを傷つけられ、存在を否定されたかのような感覚。

 

…わかっていました。

自分の身長が低いことくらい。

周りと比べれば、自分の背が小さいことくらい…。

 

でも、ハッキリと数字で言われると、さらに落ち込む。

白日の下にさらされた現実。

生きている限り、変えることのできない真実。

 

もちろん抗おうとはしました。

カルシウムを取って、なわとびをして、ストレッチをして…

「良い」と言われたものは、何でも試しました。

 

しかし現実は得てして、非情なもの。

結局あまり変わりませんでした。

20代後半になった今でも、159cmですから。

 

身長というのは、数あるルックス要素の中でも、最も重要なポイントです。

「男らしさ」「かっこよさ」「頼りがい」…それらにつながるもの。

とにかく、モテるためには必要不可欠な要素なわけです。

 

それが圧倒的に欠けすぎているという現実。

もはや絶望以外の何物でもありません。

 

中学生時代に告白したものは、全て撃沈。

しだいに、好きな女の子に近づくことすら怖くなっていました。

どうせ絶望し、傷つくことになるに決まってる、と。

 

中学を卒業し、高校は男子校に通うことになりました。

良くも悪くも、3年間ほとんど同世代の女子と関わることはありませんでした。

というか、見かけることすらない毎日でした。

自転車通学だったのでなおさらですね。

唯一家族以外の女性で接したのは、購買のおばちゃんと家庭科のおばちゃんくらい(笑)。

恋愛とは無縁の3年間でした。

 

そんなこんなで、高校を卒業し、東京の大学に通うことになります。

そして受ける衝撃。

 

「同じ教室に、女子がいる!!?」

ごく普通、当たり前ですよね(笑)。

でも、そのときの私的には、ものすごい違和感と衝撃だったのです。

 

どう話したらいいのかわかりません。

どんな目で見たらいいのかすら、わかりません。

 

3年間の男子校生活の末、私は「異性に対する対人能力」と呼べるものを、失っていたのです。

加えて脳裏には、告白し撃沈し、嫌われた記憶ばかり。

鏡で自分の姿を見れば、どうしようもないチビが映るばかり。

また女性を避ける日々が始まりました。

 

―ですが。

感情というのは、時に理性を超えて暴走するもの。

好きな人ができてしまったのです。

あれだけ傷つくのが怖くて、女性を避けていたのに。

好きになる気持ちを抑えることが、できませんでした。

頭から離れない。

 

色々と葛藤はあったものの、勇気を振り絞り、(とはいえ直接言う勇気はなかったので、)メールで告白することにしました。

結果は―

またしても撃沈。

 

もう、もう本当に、何もかもイヤになりました。

今いるこの場所も、自分の身長も、性格も、過去も…。

 

それと同時に、不安に襲われました。

中学時代と何一つ変わっていなかったという現実に。

そして、これからずっと彼女ゼロで、一人の孤独と虚しさを抱え続けていくのかという未来に。

 

思えば、ここが転機でした。

自分を、変えたい。

このままでいいわけがない。

強く、強く念じました。

歯を食いしばり、決意しました。

『本気で恋愛の勉強をしてやる』と。

 

―そうして現在、年上の妻と結婚4年目を過ごしています。

妻と出会ったのは、大学3年生の時。

ちなみに、恋愛の勉強をしようと一念発起したのは、大学2年生のとき。

つまり約1年間で大きく進化を遂げ、大成功を手にすることができたのです。

妻がクォーターで、家柄も良いというのは、ほんのおまけです。

何よりも性格が合い、お互い楽しく過ごせているというのが一番の宝物。

 

皆さんがどのような経緯で今このサイトに立ち寄り、私のプロフィールをご覧になっているかは、わかりません。

ですが少なくとも「何かを変えたい、知りたい」と願い、ここへ来たのではないでしょうか。

ならば私から、皆さんへこの言葉を贈りたい。

 

恋愛は努力で変えられる。たとえルックスがダメでも。

そして、

行動するなら今

です。

 

先延ばしにしてしまったら、その間に訪れるチャンスをみすみす逃してしまうことになります。

私だって、もし恋愛の勉強をするのがもう少し遅かったら、今の妻とは付き合えていなかったかもしれません。

ぜひ、今からスタートさせていって下さい!

理想の彼女作り3STEPを見る