「気になるアノ女性と自分は脈ありなのか?脈なしなのか!?」
これは男性諸君、みんな共通のお悩みでしょう(笑)
それをはかる指標のひとつが『2人きりでの食事を女性がOKしてくれるか?』ということですね。

今回は、
【2人きりの食事をOKしてくれる時、どんな女性心理が働いているのか?】を解説していきます!
彼女GETにおいて女性心理をちゃんと把握しておくことは大切ですので、ぜひ頭に入れておきましょう!

①「男女2人で食事」とはどういう行為なのか?

時々恋愛教材の中で、
「『食事=生理的な行為』を2人で共有するということは、体の関係をもつことに近い」と説明されていたりします。
まぁ実際はそこまでではありませんが、たしかに「嫌われていたらできない行為」であることは間違いないでしょう。
【恋愛感情がある/ない】はいったん置いておいたとしても、ある程度親密になっているからこそ、2人きりでの食事は成立します。

②脈ありパターン

②-1.好意を抱いている状態

まず最初に挙げる女性心理のパターンとしては、好意を寄せている状態…
つまり、女性が男性のことを好きな状態です。
半数くらいはこのパターンだと思っていいでしょう。
この場合、食事に限らず他のデートに誘ってもOKしてくれる可能性が高いです。
心を許していると考えていいですね!

②-2.恋愛対象にふさわしいかチェックしようとしている

まだ「好意」とまでいかず、「なんとなく良いかも」くらいの印象の場合があります。
この状態で2人きりの食事をOKした時は、『実際2人きりになったらどうなのか?』を女性がチェックしようとしているわけですね。
もし仮に第一印象がアウトだったら、そもそもチェックしようという気にすら女性はならないので、そこはクリアしている証拠です。
食事中に楽しく会話ができて、魅力的だと思ってもらえれば、次に繋げられるでしょう。

②-3.食の好みが一緒だったから

「たまたま…」なんて言ってしまうとなんだか残念に聞こえてしまいますが(笑)
単純に食べたいものが同じ・好みが一緒だからOKした可能性もありますね。
ですが意外と、付き合いやすいのはこのパターンだったりします。
趣味や好みで共通点があるということは、今後のデートにつなげやすいわけです。
また“共通点がある”ということ自体、警戒を取っ払い、距離感を縮めるのに役立ちますしね。
脈ありと考えていいでしょう。

③実はあまり脈がないパターン

③-1.単に友達感覚で

二人きりで食事をOKしているのに脈がないパターンもあり!
まず1つ目は、「ただ友達感覚だった」という場合ですね。
こういう女性は、異性とも分け隔てなく接し、誰とでも2人きりになれる女性です。
男性と2人きりという状況を、別になんとも思わず、緊張もしない。

時々いますね。
『2人きりをOKしたんだから、さぞ脈ありなんだろう…』と思ってしまうと、逆に痛い目を見てしまうかもしれません(笑)

③-2.奢ってもらえるから

なんとも現金な女性ですね(笑)
ですが、実際にいるのでちょっと注意。
女性は笑顔で接してくれますが、そこにはあまり恋愛感情がないことも。
お金が切れた瞬間、関係も希薄になってしまう可能性が高いです。
何に惹かれて一緒に来ているのか、よ~く見極めましょう。

③-3.断れなかった、誘いがしつこいから1回はOKした

男性からの誘いがしつこいから、仕方なくOKした…
そんな場合もあります。
「多少強引なほうが男気があってモテる」と言いますが、優しさのないリードはNGですね。

④まとめ

以上、2人きりの食事をOKする時の女性心理でした!
デートの中でも食事は定番中の定番。
じっくり会話をしてお互いの人となりを知るためにも、食事デートは必須です。
ぜひ脈ありの状態でOKしてもらえるようにしたいですね!

この記事を読んだあなたにオススメの恋愛教材

Amazon系

インフォトップ系