プレゼントの定義
●特別感のあるもの。ある程度気合いや気持ちのこもったもの。コンビニのお菓子とか旅行のお土産をもらったとかは含まない。
●安すぎるものは含まない。最低でも1,000円以上。
●誕生日やクリスマスプレゼントはあり。

※また、付き合っていない女性からプレゼントをもらったことを前提とします。

①贔屓(ひいき)にしてほしい・取り入ろうとしている

相手の男性が会社の上司だったり大学の先輩だったりする場合に、ありえますね。
プレゼントを贈ることによって気に入ってもらい、相手に取り入ろうとする女性(笑)。
かなりあざといやり方です。
男性からすると全く考えられない行動にも思えますが、腕力等では勝てない女性にとっては意外とよく使う手段だったりもします。
もちろんそこに恋愛感情は微塵のかけらもありません。

部下や後輩の女性からプレゼントをもらったからと言って、一概に「好意を抱かれている」「脈あり」とは限らないわけです。
早とちりして舞い上がらないようにしましょう(笑)

②仲の良い友達だから

これも「脈あり」とまでは言えないパターンです。
あくまで仲良し友達としてプレゼントをくれる場合ですね。
男でも、男友達に対してちょっとしたプレゼントを買って渡すことが時々あると思いますが、その感覚と同じです。

女性はあまり男性に対して、「異性」という意識を持たないことがあります。
男性はどうしても女性を目の前にしてしまうと「異性」という感覚がすぐ出る傾向にありますが、女性はその逆なんですね。

もちろん人として好かれていなければプレゼントをもらうことなんてありませんから、嫌われていないのは事実です。
脈ありとも脈なしとも言えず、ごく普通といった関係性ですね。

③好意があって気を引きたい

これは男性として一番嬉しいパターンですね!
相手の女性から異性として好かれており、プレゼントをもらっている場合です。
「あの人には何が似合うかな…」「何を渡したら喜んでくれるかな…」と色々悩んで買ってくれたのでしょう。

②の『仲の良い友達だから』との見分け方ですが、女性が色々な男性に対してプレゼントを送っている場合は②『仲の良い友達だから』と考えられます。
そうではなく自分にだけ特別にプレゼントをくれる場合は、異性として気がある可能性が高いですね!

実際どの割合が一番多い?

割合的には、正直②『仲の良い友達だから』が一番大きいと思います。
全体の6割近くがこのパターンかと。
他の①『取り入ろうとしている』と③『好意があって気を引きたい』が残り、それぞれ2割ずつくらいだと思われます。

ちなみに、プレゼントをくれないからと言って「異性として気がない」とは限りません。
むしろあまり恋愛慣れしていない女性であれば、好きな男性ほど異性として意識してしまい、緊張のあまり、避けてしまうこともあります。
俗にいう“好き避け”というやつですね。
そんな場合は恥ずかしくてプレゼントを渡したくても渡せない…なんて可能性もありますから。

そのあたりも踏まえ、意外と「分け隔てなく明るく喋りかけてくる女性」や「ためらわずにプレゼントをホイッと渡してくる女性」からは恋愛対象として見られていない可能性があると知っておきましょう。
ある意味、恋愛対象として見られていないから緊張されない、という事かもしれませんからね。