気になる女性から「ねぇ、いい人いない?紹介してよ」と言われた時。
『どんな意味で言ったんだ!?』と色々考えてしまいますよね。
今回は、「いい人紹介して!」と言う女性心理について解説していきましょう。

①恋愛対象として見られていない

「いい人紹介して」とはつまり『あなた以外にいい男の人いない?出会いが欲しいんだけど』という意味ですね。
この解釈について異論はおそらくないでしょう。
この言葉を女性から言われてしまうということは、もはや恋愛対象外になってしまっているということです。

しかしまぁ、なんとも悲しいというか…非常に失礼な話ですよね。
「いい男の人いない?」って、俺も一応男なんですけど!!って思ってしまいます。
ただ逆に考えると、そういう失礼なことをしても構わない程度にしか思われていないという証拠でもあります。
「そんな事を言っては失礼だ」と気付いていないのでしょう。

さらに別の言い方をしてみれば、女性は「まさかこの男性(=いい人紹介して、と相談した相手)と今後恋愛関係になることはありえないだろう」と思っている証拠でもあるわけです。
女っ気がなく、色気を感じられず、異性として見られていない状態。

もしあなたがそんな状況に陥ったなら、きっと「ふざけるな!」と怒りがこみあげてくるかもしれません。
ですがそこは一旦冷静に、落ち着きましょう。
そしてなぜそんな状況に陥ってしまったのか、考えてみましょう。
別にその女性から嫌われているわけではないんですから、挽回のチャンスはあるはずです。

②実は脈あり!?女性が仕掛ける“恋の駆け引き”

こんな感じで、女性から「いい人紹介して」と言われてしまった場合には、基本的に脈なしなのですが…
しかし一方で、実は脈ありな場合があるのです。
(もちろん同じように女性から「いい人紹介して」と言われた場合です。)

どんな場合かと言うと、女性が恋愛の駆け引きを仕掛けてくる場合ですね。
女性は、「いい人いない?紹介してよ」と相談した相手の男性のことが実は好き。
そして女性自身、自分がそこそこモテることを過去の経験から知っている。(顔がかわいいとか、スタイルがいいとか。)
だから、素直に好意を表現したのではつまらない。
できれば相手の男性から『追いかけてきて』ほしい。

そんな事を考えて女性が取る行動が、あえて好きな男性に対して「いい人いない?紹介してよ」と聞くという形で表れる。
わざと脈ナシっぽい態度を取ることで驚かせ、興味を引きたいわけです。
あえて手に入らない存在なのだと見せかけ、魅力をUPさせたいという目的が裏にはあるんです。
確かに男性側から追いかけさせるためには、有効な手段なのでしょう。

いわゆる恋の駆け引きというやつですね。
ちょっと男性からしたら理解しがたい…なんでそんな回りくどい事すんの?と思うかもしれませんが、これが女性心理特有の行動ということですね。

③友達に頼まれて

もう一つ忘れてはいけないのが、友達に頼まれて「いい男性がいないか」探しているパターン(笑)。
ですので、出会いを求めているのは「いい人紹介してよ」と言っている女性本人ではないというわけです。
その女性が「友達の〇〇ちゃんがいい男の人いないか探してて…」と言ってくれればいいのですが、もし言ってくれなかった場合は非常に紛らわしいですよね(笑)。
そんな相談をされた男性は「俺は脈ナシなのか…」と激しく落ち込んでしまう可能性もあるのですから、きちんと言ってほしいところですが。

まぁいずれにせよ、「いい人紹介して」と言われたその瞬間だけ切り取っても脈アリなのか脈ナシなのか判断が難しいので、変に落ち込まず、あまり気にしないほうがよいと思われます。