電話で問い合わせてみる

E判定からC判定へ!〜急激に成績が伸びた要因は?〜

(※以前のアメブロから移動した2018年の記事です。)

ハッピーハロウィン🎃👻♪
こんにちは!
群馬で個別指導塾をやっている、みやいりです。

そういえば先日人生で初めてハロウィンパーティーなるものに仮装して参加してきました。
仮装姿は恥ずかして載せれませんがおかげさまでとても楽しい夜を過ごすことができました🎃
皆さんも受験が終わったら一緒に楽しみましょう!^ ^

さて本日は農大二高生 K君(3年生)の模試結果のご報告です。
6月の模試に比べてなんと、、、

国語 68点UP⤴︎⤴︎
英語 57点UP⤴︎⤴︎

国語と英語の成績がそれぞれ約2倍近く上がり、第一志望の大学の判定もずっとE判定だったのがC判定になりました!
パチパチパチ👏

もちろんまだまだ気は抜けませんが、勉強の仕方や内容がかなりわかるようになってきたようで日々とても楽しそうに勉強しています♪笑
やはり何事も肩の力を入れすぎず、楽しんで出来れば最高ですね(^-^)

しかしこの生徒さんはここ3ヶ月ほどずっと成績に伸び悩んでいましたが、ここ最近急に伸び始めました。
ではなぜ急に成績が伸び始めたのでしょうか。
主に成功要因は3つあると思います。

一つ目は、生活習慣を変えたこと。
具体的にどう変えたかというと、夜型勉強から朝型勉強に変えてもらいました。
夜22時から深夜2時の時間帯がもっとも疲れが取れて、成長ホルモンが出るゴールデンタイムと呼ばれています。
なので最低でも11時前までに寝るようにし、その分朝早く起きて勉強するように習慣づけてもらいました。
センター試験本番も朝からなので、朝の時間帯に集中力のピークが来るように今から備える為でもあります。

※それ以外にも食事や運動のアドバイスを医学的な観点からアドバイスをさせて貰っていますが、そこまで書き出すと長くなり過ぎてしまうので割愛させていただきます。

二つ目は、アウトプット中心の勉強法に変えたこと。
英語は語彙力が最も大切と以前から伝えていましたが中々長期記憶にならず、覚えては忘れての繰り返しでした。
どのような覚え方をしているのか聞いてみると、見て覚えるようなインプット学習しかやっていなかったのです。
そこで書いて、言葉に発して、単語テストを口頭で毎回やるというようなアウトプット学習を導入したところ、語彙力が着実について来ました。
今では最も配点の高い英語長文が満点近く取れるようになりました。

三つ目は、勉強以外のことは全て断捨離出来たこと。
そんなこと出来ればそりゃ上がるよと思う方も多いかと思いますが、やはりシンプルにこれが大事かと思います。

一度目標を決めたら一点突破、それ以外のことは考えない。
勉強に熱狂して欲しいのです。
ですので、私の指導方針は基本褒め伸ばしです。
まずは勉強を少しでも好きになってもらわないといけませんから。

ただ勉強しなさいというのではなく、なんの為にするのか、勉強をした先にどんな輝かしい未来が待ってるのかを話します。
もちろん人それぞれモチベーションのスイッチが違うので、どこでスイッチオンになるかわかりません。
なので常にどこにスイッチがあるのか探りながら、見つけたらボタンをすぐに押せるようチャンスをうかがっております。笑
今回の生徒さんはうまく押せたようです(^_^)v

以上の3点が成績アップの要因かと思います。

国語、数学、英語の主要三科目は最も成績を上げるのに時間がかかり、3ヶ月はかかるとよく言われますが、諦めず粘り強くやれば、必ず上がります。
本番が近づいてきており、焦る気持ちとてもわかりますが、どうか諦めず、ラストスパートを楽しみながら頑張って下さい。

プロ講師の宮入個別指導塾
前橋市元総社町73-1 第2泉ビル2F